FC2ブログ
うつ  一歩進んで二歩さがる。それでも進んでる!

プロフィール

ひで

Author:ひで
 うつ病を数回繰り返し、現在職場復帰して頑張りすぎず頑張っている40代既婚の男性です。私の体験が皆様の社会復帰に少しでもお役に立てれればと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



来てくださった方々。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



木漏れ日


キャンドル ブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『傷ついたからこそ得れるもの・・・』

 とあるプロ野球選手のお話になります。「好き嫌いの球団」があろうかと思いますがちょっとそういうのを横において読んでいただければと思います。

 中日・吉見一起投手(30)が1日の巨人戦で6回2安打無失点の好投。2013年4月23日の阪神戦以来、708日ぶりの復活白星を挙げた。「ホント我慢して良かったと思ってます」と笑顔を見せた右腕。その復活のキーワードは「感謝」と「楽しむ」だ。

 吉見はチームで一、二を争うほどの読書家。特に啓発本を数多く読みあさっている。その中で「感謝」という言葉が今さらながら自身に、しっくりきたという。「たくさんの本を読んでいる中で、共通のワードとして、いつも出てくるのが『感謝』という言葉なんです。若いころから感謝することは大事だと教えられてきましたが、ケガをしてから特に本当にそうだなと思うようになった」

 支えられてきた人に感謝することはもちろん、野球ができることにも感謝。するとマウンドでの心の持ちようも変わった。「以前は『勝ちたい』『勝ちたい』ばかりだった。投げることが正直、憂鬱なときもあった。でも今は全然違います」。そして、自然と投球を「楽しむ」ことにつながったそうだ。

「勝ち負けはコントロールできない。今はマウンドで楽しもうと思っています。前は(ピンチなどで)『ヤバイ、ヤバイ』と思ったこともありましたけど、今はほとんどない。気持ちが違います。この1年間で、そこが一番成長したところだと思います」

 精密機械並みの抜群の制球力に加え、“心の制球力”も手に入れた吉見。復活どころか、さらなる進化を見せるシーズンになるかもしれない。

 いろんな挫折があってこそ改めて身に染みて感じうる事ができた

                            「感謝」
 の心・・・。

 そこから得た人生を

                            「楽しむ」
 という心の持ち方・・。

 人生には、傷ついたからこそ得れるものもあるみたいです・・。

 
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。