FC2ブログ
うつ  一歩進んで二歩さがる。それでも進んでる!

プロフィール

ひで

Author:ひで
 うつ病を数回繰り返し、現在職場復帰して頑張りすぎず頑張っている40代既婚の男性です。私の体験が皆様の社会復帰に少しでもお役に立てれればと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



来てくださった方々。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



木漏れ日


キャンドル ブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「人もそれぞれ・・」

 現在、職場のカウンセリングを定期的に受けております。私は、「カウンセリングは絶対に必要」と言ってきました。発病から挫折を繰り返す中、もしその最中に誰かと対話をし話を聞いてもらう「カウンセリング」という場があれば随分と病気と向き合う姿勢がかわったと思います。(療養時間も短く済んだ事でしょう・・)

 残念な事ですが職場の後輩も療養のため休職中です。後輩も職場のカウンセリングを受けているようです。そこで私はこうカウンセラーに質問しました。これは、二度目、三度目になります。

                       「後輩はどうですか?どんな感じですか?」

答えはいつもこうです。

 半分笑って

                      「人のことはいいから自分の事を心配しなさい」
と・・。

  期待はしていなかったけど同じ答えでした・・。

 ものはいいようなんです。嘘でもいいから「うん。元気そうだったかなぁ。」の後に言葉を選んで「まずは自分の事からね」を私に伝えればいいんです。私だってようやく他人の気遣い、ましてや同じ病気の人間を気遣えるようになったのですから・・。
 「人のことはいいから自分の事を心配しなさい」なんてそんなことわかってますって・・。

 これからもいろいろと教わる事があると思いますが、なんていうかノウハウとしとか知識を得るために関わっていこうかとは思います。

  人としては、
                               「一線」
 を置いていこうかと想いますね・・。

 だって後輩を心配したい「人」でありたいから・・。

 
 
  
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。