FC2ブログ
うつ  一歩進んで二歩さがる。それでも進んでる!

プロフィール

ひで

Author:ひで
 うつ病を数回繰り返し、現在職場復帰して頑張りすぎず頑張っている40代既婚の男性です。私の体験が皆様の社会復帰に少しでもお役に立てれればと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



来てくださった方々。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



木漏れ日


キャンドル ブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「恕(ゆる)すことができない自分」

 復職をしてどうにかこうにか勤め上げております。そんな中、数か月前に復職以来とうとう一日休んでしまったことがありました。いわゆる王道の人間関係からです。詳細に書きたいのですが・・やめておきます。ある日からその方が私にだけ態度が違うことに気づき始めました。ほんの小さな態度です。ですがそれが重箱の隅を突くようで気になり始めました。私にだけ 「特に」 笑顔を見せないようになりました。子供のような態度をとったり・・・。日を追うごとにそのことで頭がいっぱいになるようになりました・・。 結局その方とは距離を置くことができました。今では笑顔で楽しそうになんなくされてます。私への態度も含めて・・。

 当然ですが私が悩んでいたことなど露知らずでしょう。当たり前ですが私が勝手に悩み続けだけのお話です。復職以来最大のメンタル不調に陥ったのも私の勝手です。

 この方の周りの評として「変わった人」と聞きます。私も少なからずそう思ったりします。

 「アスペルガー症候群」 私は、医学的知識はありませんのでそうなのかはわかりせん。私が勝手にチャート式の問答に当てはめてみると・・。誤解のないよう申し上げておきますが決して差別しているわけではありません。もしそうであるなら「そういう方」として接するということです。

 自ら気づいて自分なりに克服している方は本当に立派だと思います。でも、気づかれてないと周りとしては辛い部分もあるのは事実です・・。今回の私がそうだったかどうかはわかりませんが・・・。

 今となってはあんなことで思っています。でも正直笑っているところを見ると複雑です。そこまで私を追いやった人としては紛れもない事実ですから。

 自分が勝手に悩んでいたことを容認できない部分があります。それは自分にとってはとっても悲しいことです。

 どうしたって勝手に悩み続けたのは私なのですから・・。

 かわらなければいけないとつくづく感じています。



   
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。