FC2ブログ
うつ  一歩進んで二歩さがる。それでも進んでる!

プロフィール

ひで

Author:ひで
 うつ病を数回繰り返し、現在職場復帰して頑張りすぎず頑張っている40代既婚の男性です。私の体験が皆様の社会復帰に少しでもお役に立てれればと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



来てくださった方々。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



木漏れ日


キャンドル ブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『想い過ごし』

療養中、私の心を痛めたのは

                              「世間様の目」
でした・・。

 外にも出たりしたのですが、どうしても気になるのが近所の方々でした。車で出かけれる事が多かったのですが、出来れば駐車場まで誰にも会わずにといつも願っていました。そこは、そうはうまくはいきません。ばったりと出会ってしまうものです。すると皆様同じ反応をするんですよね・・。ほぼします。時間にして0.1秒~0・5秒でしょうか・・。見てはいけない物を見た

                                「嫌な顔」
をします・・。
 
 私は、それを見逃しません。でも私から会釈をするので皆さんなんとか顔の体制を整え挨拶はしてくれていました。露骨にずーーと嫌な顔をしている方も中にはいましたが・・。妻に愚痴を言うといつもこうでした。

                 「仕方ないよ。皆あなたをどう扱っていいかわかんないんだよ」

と・・。

 当時は、とても悲しかった。けれど、今となっては妻の言う通りだと思います。「働いてなく家にいる得たいに知れない存在」と映っていても仕方ないのかもしれません。決しって自分を卑下するつもりではないのだけどやっぱり仕方ないのかなと・・・。その一瞬の表情も私の想い過ごしかもしれません。

 世の中は、
                  「ほぼ誤解でできている。自分の想い過ごしで成り立っている」

 そうです。他人が自分の事をどう思っているかなんて「あなたは私の事をどう思っていますか?」と聞かない限りどこまでいったって想像でしかありません。聞いたところで本音を言うかどうかもわかりませけど・・。

 だから世の中の多くは「誤解で成り立っている」そうです。人間関係なんてそんなものなんでしょうね・・。

 
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。