FC2ブログ
うつ  一歩進んで二歩さがる。それでも進んでる!

プロフィール

ひで

Author:ひで
 うつ病を数回繰り返し、現在職場復帰して頑張りすぎず頑張っている40代既婚の男性です。私の体験が皆様の社会復帰に少しでもお役に立てれればと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



来てくださった方々。



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



木漏れ日


キャンドル ブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『それでも時は流れます・・』

 大きな地震が起こりました。翌日、出勤して職場の上役がそれについて一言、二言話しいるのが聞こえてきました。社交辞令的に・・・。それ以後、職場は普段通りでした。私も、自ら地震について語ることはありませんでした。普段通りに日常は過ぎて行きました・・。私もいつもの私で・・そう普段通りに・・。

 他人の悲しみって所詮「他人ごと」なのかな・・。


                          「時間て何があっても過ぎて行くんですよね・・」


 どこかで、誰がどんなに悲しんでいても、それでもそれとは関係なく時にそれは非常に過ぎて行くんですよね・・・。

 私が病気だった頃、沢山の人に助けや救いを求めたけど非情に時は過ぎていきました・・・・。救いの手は差し伸べららえなかった.・・。皆、忙しいだよね・・。自分のことで精一杯なんだよね・・。

 でも、少しでも他人の悲しみにについて「感じる」人でありたい・・。悲しんでいるんだなと想う人でありたい・・。

これって、病気を経験してなかったら、私はそんな事にそんなに感じなかったんでしょうね・・。


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。